パフォーマンスを上げるために5分使う

※本記事はENTRY  ACTが発行する演劇メルマガのバックナンバーです

 

舞台出演前や稽古前に準備をする俳優さんって案外少ないなぁ・・・と思っています。

 

 

レッスンではおそらく担当の講師がアップ(準備)を一緒にやってくれるので良いのですが、

舞台出演や稽古といった本番の前に準備をしないのは

 

不思議です。

このメルマガをお読みのみなさまは『演技者』としてお客様に高品質な舞台をお届けしたいとお思いの方だと信じています。

「あ、自分、アップをしていない・・・」

当てはまってしまった方はこれから実践すれば大丈夫です。
 

冒頭でお話ししたとおり、(私が周りを見てきた限りでは)

「ちゃんとアップをする人」は残念ながら少数派です。

 
教えられていないし文化として根付いているかと言うと微妙なことですので、
知らなくても恥ずかしいことではありません。

恥ずかしいのは、

「アップをしたほうが良いパフォーマンスができるのにサボってやらない」こと。

アクターにとっての準備とは体と心のチューニング。

心をほぐして

身体とお喋りをして

しっかり「つながった」「開けた」状態で
表現活動に臨みたいところ。

 

スポーツ選手が試合の前に準備運動をしなかったら・・・

 
パフォーマンスは下がりますし怪我をしてしまうかもしれないですよね。
演奏前に楽器のチューニングをするのは当たり前ですよね。

演劇だって同じです。

何の準備もせずに良い演技ができるでしょうか。

ウォームアップに使う時間はたった5分でも良いのです。

その5分をしっかりやるかやらないかで演技の質は明らかに違います。
それに、

ウォームアップはかける時間より質が大事ですから。
 

かたちだけのストレッチやセリフ繰り(しかも感情込めてるのはご法度)をやればいいわけではありません。

 

ウォームアップにも正しいやり方があります。

 

演劇のウォームアップは

心をほぐして

身体とお喋りをして

しっかり「つながった」「開けた」状態
に持っていくこと。

これが一番です。

お客様の前に出る以上は
万全の状態で
ベストを尽くせる状態で
臨みましょう。

 


☆他の記事もチェック☆

感情解放の正しい捉え方

何も考えない時間の効能

社内の風通しを良くする演劇

演劇ワークショップでやること

心の健康について考えたことはありますか?心の健康と不健康の違い

演技の質を向上させたければ、人間の質を向上させる他ない。と言う演技講師の話。