<人生をより深く味わう>五感を使うこと

目まぐるしい速度で変化し続ける毎日の中で、

仕事に

人間関係に

家庭に

ライフイベントの数々に

忙殺されがちな私たち現代人です。

みなさん、がんばってる!!!!

私たちは一生懸命毎日の荒波の中を生きています。

 

ENTRY ACTは演劇で「毎日がちょっと良くなる」

・・・いえ、人生の質そのものが向上する『感動』がここにはあると信じて日々営業しています。

 

そんなENTRY ACTの代表、私大江千雪(おおえちゆき)が

〇人生をより深く味わう・満喫する

〇丁寧に生きる

ために今日明日から実践可能な秘訣をお伝えしていきます。

演劇方法論の中で『五感の集中』と呼ばれる

手軽なトレーニングをご紹介(∩´∀`)∩♪

 

++

そもそも五感って何でしょうか。

挙げてみますと、

視覚(目)

聴覚(耳)

嗅覚(鼻)

触覚(肌)

味覚(舌)

それぞれの感覚器官で「感じる」これらをまとめて五感と言います。

感覚器官で受け取る情報が、私たち人間が認識できる世界のすべてです。

 

生きる上で必要な五感ですが、

無意識で働いてくれているので

生活の中で意識をすることはほぼありません

 

意識しなくても生きていけるからですね。

 

ですが、演劇トレーニングの中では

わざわざこれら(五感)に集中する

ことをやっています。

 

演劇のトレーニングでこれをやる理由は、

演劇は嘘だからです。

 

俳優は舞台上という何もないまっさらな空間で

風を感じなければいけません。

大自然の景色を見ることができなければいけません。

 

何もない舞台で風を感じたり見たりするために、

風を感じた記憶

景色を見た記憶

を引っ張り出してくる必要があるのです。

これが、『五感の記憶』です。

 

いざという時に記憶を引っ張り出してこられるように

見たもの聞いたもの触れたものを

いかに日常から意識しておく(記憶に留めておく)ことができるか・・・

これが俳優訓練なんですね。

『五感の集中』は

忙殺されがちな現代人にとっては癒しとなります。

 

忙殺されていると

明日のことが不安だったり

昨日の嫌なことに気持ちが持っていかれたり

 

「今、ここ」を感じられていないまま

時があっという間に過ぎてしまいます。

 

明日の仕事が気になって

今食べているごはんの味を感じられていない・・・・。

 

~~~~~~~~~~

感じるということは、

感動するということです。

感じて心が動くことです。

~~~~~~~~~~

感動ってなにも劇的なものばかりではありません。

 

毎日の中のちょっとしたところに感動の種は落ちていて、

「あぁ、今日も美味しいごはんが食べられて幸せだなぁ」

と感じながら今を生きることは

幸福度に直結していきます。

 

『五感の集中』のやり方は簡単!!

例えば聴覚篇。

目を閉じて、耳を澄ませるだけです。

 

身体全体が耳になった感覚で、

「耳」の感覚をできるだけ大きく

他の感覚をできるだけ小さくしていく。

 

部屋の中、部屋の外、家の外・・・

音を聴くことだけに集中をしていきます。

 

触覚篇も同じです(∩´∀`)∩

肌表面で感じる感覚だけに丁寧に集中していく。

 

やってみると、

リラックスした状態になるはずです。

感覚もしっかり立っていて、

自分の心の状態が自分で把握しやすい状態です。

あぁ、自分って「今、ここ」を生きているんだなぁ・・・・

生きている感覚を深いところで味わってみてください。

 

かける時間は2分でもOK!

最近、忙しい・・・そんな方はぜひ2分使って心を動かしてみてください♪