「みんなに好かれたい」では誰の心も射止められない

演劇クラス・ワークショップ開講情報はこちら

人間誰しも、人から嫌われることは避けたいと思うものです。

 

今回は、八方美人になってしまって自分の軸で思考するのが難しい・迷っている・不安になっている方に向けて、たった一言だけお伝えしたくこの記事を書いていきます。

 

それが、この記事のタイトルの

「みんなに好かれたい」では誰の心も射止められない

です。

 

演劇でもビジネスでも言われることですが、全員に好かれるのは無理です。

 

 

誰でもいいから私のことを好きになって!(セールスであれば、買って!ですかね)

 

こっちではこの意見、かと思えばあっちでは別の意見、で

結局本当の意見は何だろう・・・

 

という人を好きになれますか?

 

 

何でもいいからとりあえず買ってください!

こんな精神の人から物を買いたいと思いますか?

 

あの人にもこの人にも好かれたい・賛同されたい

では

「自分の意見や主義主張がない人なんだな」

「で、結局何が言いたいの?」

「自信がなさげだなぁ」

こんな感想に終始してしまいます。

 

周りの意見に合わせて頑張っても、振り回されて疲弊してしまうだけです。

 

演劇で言われているのが、

「まずは身近な人からあなたのファンにしていきなさい。それもできないようでは、その他大勢の赤の他人があなたに興味を持つわけがないよ。」

です。恩師にもそのようにお話をいただいたことがあります。

 

最近このお話を別場所で聞く機会があり、

改めて深く納得です。

 

「みんな」なんていません。

いるのは、多種多様な考え方・趣味嗜好を持つひとりひとりの人間です。

 

「みんなに好かれよう」とするのは、

誰かからの批判や避難を恐れているからですよね。

 

ですが、決めてください。

誰かに好かれるということは、自分の考え主義主張を表現するということは、

誰かに嫌われるかもしれないのです。

それを理解して、それでいいと決めてください。

 

あなたがもしも誰かの心を惹き込みたいと本気で思っていらっしゃるのならば、

顔の見えていない「その他大勢の誰か」に好かれようとはせず、決しておべっかせず、

あなたが贈り物を贈りたくなるたったひとりに幸せを届けてください。

 

本当に不思議なことですが、そうすると、思わぬ人から良いリアクションが返ってくることが多いです。

逆に、みんなに好かれようとすると誰からもリアクションが返ってきません。

 

周りの反応は正直です。

たったひとりに伝えたい強い思いが、アピールせずともエネルギーとなって周囲に影響を与えるのです。

不特定多数「みんな」に好かれようとすると、エネルギーが分散されますし、本人にも迷いが生じやすく結果「何のメッセージも無い人」「印象に残らない人」と思われてしまいます。

 

 

 

「みんなに好かれたい」では誰の心も射止められないんです。

 

ぜひ、今日からみんなに好かれようとする私とはおさらばしてください。

演劇クラス・ワークショップ開講情報はこちら